ビットコイン(bitcoin)でネットカジノ

ビットコイン仮想通貨」で遊べる安心安全ネットカジノと、ビットコイン取引所bitFlyer】をご紹介します。

   

ビットコインbitcoin)の概要

日本でも手数料が安いビットコイン決済手段として利用されており、今では世界中で普及し始めました。
    
日本でのビットコインの取引所【ビットフライヤー:株式会社bitFlyer】は、ビットコイン取引量日本1で、三井住友グループ・みずほフィナンシャルグループ・三菱UFJ・第一生命・リクルートなどが株主となっているんです。
 
   

ビットコインが電子通貨や普通の通貨と大きく違う点

ビットコインでは取引や仕組みがすべて公開されているところに価値があります。

ビットコインは、普通の通貨のように実際に存在するコインではなく、暗号化された文字列でなりたっています。
  
そしてビットコインは、いつ発行され、誰から誰にいくら支払われたという情報がすべてわかる仕組みになっています。
   
取引を行うソフトウェアも「オープンソース」と言い、誰もがいつでも中身を確認して、その信憑性を確認することができます。
  
つまり、 お金を発行する政府やお金の移動を管理する銀行がなくても、いつでもどこでも取引ができて、 透明性が確保されているため、誰もが信頼できる通貨であると言えます。
 
   

ビットコインが普及し始めた理由

日本に住んでいると銀行や政府に対する不信感は少ないかもしれないですが、
   
世界的に見ると、
不安定な政治情勢、
金融機関に対する不信感、
お金が発行される過程での不透明さ、、など。
 
不安要素は世界の国々で様々な要因があります。
  
その不安を解消する存在としてビットコインが現れました
 
そして、ビットコインを使う人が増えれば増えるほど、ビットコインの価値も上がり、連鎖効果で世界的に普及しています。
  
最近でもビットコインの価格は急騰しており、
その理由は下記のようです。
  
決済手段として世界中で普及し始めたこと
取引所が多く整備されたこと
FX(外国為替保証金取引)のように投資対象にする投資家が増えていること
 
  

日本でのビットコインはどれくらい普及しているの?

あまり知られていませんが、2017年7月現在日本では既に26万店舗で、ビットフライヤー【bitFlyer】での支払いが可能となっております。
  
例えば2017年4月からは、
有楽町と新宿のビックカメラがビットコインによる支払いサービスを導入しました。
  
  

ビットフライヤーbitFlyer】について

ビットフライヤーbitFlyer】について当サイトの冒頭にて少し解説しましたが、
日本での『ビットコイン取引量ナンバー1』なのです。
 
ビットコインは『手数料が安いという評判』で世界中で使用されています。
しかし、安心安全が確保されることが大事な要素の一つであります。
 
  
そこで日本では『ビットフライヤー【bitFlyer】』が誕生したのです。
株式会社bitFlyerビットフライヤー)の株主は、三井住友グループみずほフィナンシャルグループ三菱UFJ第一生命リクルートなどの一流企業群なのです。
 
ということで、安心安全のビットフライヤーと言えるでしょう。

 

投稿日:2017-07-09 更新日:

執筆者: